DEX(分散型取引所)が2018年の仮想通貨市場のトレンドワード?!

   

どーも、ぴよのもりです!

今回は2018年の仮想通貨通貨市場のトレンドワードになると言われている「DEX」について詳しく説明していきます^^

ちょうどこんなことを言っていたのが1週間程前の話です。

それからいろいろと調べてみましたので、備忘録も兼ねて記事を書かせていただきます!

この記事を読んでいる方の大半が「そもそもDEXって何?」と感じだと思いますので、今回の記事では「DEXとは何か」「DEXのメリット、デメリット」「主要なDEXの紹介」といった内容を解説していきます!DEXに関する知識のない初心者の方が読んでもわかりやすいはずです!

DEXってそもそも何?

仮想通貨を買うためには取引所を利用する必要があります。そのことを知らない人はおそらくいないでしょう。

しかし仮想通貨の取引所には「中央集権型取引所」と「分散型取引所(DEX)」の2種類あるということは知っていましたか?

中央集権型取引所とは?

日本ではcoincheckやbitFlyer、海外ではBinanceやbittrexのような中央管理者に仮想通貨を預けて取引を行う取引所のことを中央集権型取引所と呼びます。

おそらく大多数の方々はこの中央集権型取引所を利用しているのではないでしょうか?もちろん私も利用しています。

中央集権型取引所における中央管理者は人が集まらないことにはビジネスが成立しないので、宣伝活動をがんばります。その結果、大規模な取引所では非常に取引量が多くなっており、板も厚いため、より柔軟に取引を行うことができるというメリットがあります。

しかし中央集権型取引所では、秘密鍵の管理を取引所に委任している状態となっています。coincheckのXEM不正送金事件が記憶に新しいですが、中央集権型取引所では秘密鍵を持っている中央管理者にハッキングあれてしまうと資産が不正に引き出されてしまうという大きなデメリットがあります。また取引所の内部の人間が秘密鍵を盗むことも可能であるため、取引所の資産は常にハッキングや泥棒のリスクにさらされています。

取引所のウォレットに仮想通貨を預けておくということは取引所に資産管理を全面的に委任している状態となるため、あなた以外のせいであなたの資産が無くなってしまう可能性があるということを意味しています。

そのため中央集権型取引所で仮想通貨を購入した後は、その仮想通貨を仮想通貨専用のウォレットに移すことが推奨されています。

仮想通貨専用ウォレットについて

このようなハッキングリスクや別ウォレットで管理する手間を解消することができるのがDEXと呼ばれる分散型仮想通貨取引所です!

分散型取引所(DEX)とは?

中央集権型取引所とは違い、中央管理者がいなくても仮想通貨の取引が可能な取引所のことを分散型取引所(DEX)と呼びます。

取引所に中央管理者が存在しないので、当然そこで取引されている仮想通貨の管理は各々が行うことになります。つまり自ら秘密鍵を管理しながら取引を行うということです。この仕組みによって、中央集権型取引所のデメリットである中央管理者へのハッキング攻撃のリスクを解消することができます。

最近では政府の規制により取引所の閉鎖等のニュースが起きていますが、それに伴って分散型取引所が閉鎖されるということはありません。これも分散型取引所のメリットの1つと言えるでしょう。(取引価格はFiat建てで下落すると思いますが・・・笑)

ちなみに「分散型取引所はどこに存在しているの?」という質問もよくありますが、答えは「ブロックチェーン上に存在している」です。そのため分散型取引所そのものがハッキングされるということもあり得ません。秘密鍵の管理さえしっかりしておけば、取引所に仮想通貨を置きっ放しにしていても問題ないということです。

一方で分散型取引所にもデメリットは存在しています。

例えば、現状の分散型取引所(DEX)では売り注文、買い注文、注文キャンセル等のアクションを行う度に手数料がかかってしまいます。また市場自体がまだ発展途上であるため、板が非常に薄く約定しにくいです。

しかし今後、分散型取引所(DEX)が注目を集めていくことによって、これらのデメリットは改善されていく可能性があるとされています。

後、付け加えるとするならば、若干使いにくいような気がします!笑(私が慣れていないだけかもしれませんが・・・)

しかし実際にこのような意見もあります。ごもっともだと思います。

中央集権型取引所と分散型取引所(DEX)の特徴まとめ

  中央集権型取引所 分散型取引所(DEX)
資産管理者 取引所(中央管理) 各々(自分)
ハッキングリスク 高い 低い
取引量 多い 少ない(今後に期待!)
取引手数料 安い(比較的) 高い(今後、取引量と共に改善の可能性あり!)
基軸通貨 法定通貨,BTC,ETH等様々 DEXのプラットフォーム上の通貨
本人確認 必須 不要(中央管理者がいないため)
取引可能時間 メンテナンスやサーバーダウンで機能停止 24時間365日
サポート体制 取引所による 無し。トラブルは自己責任。

主要なDEXの紹介

EtherDelta

Openledger

Waves Lite Client

各々の詳しい詳細はまだ私も勉強中ですので、また私の意見がまとまり次第、更新していきます!

とりあえずここまで読んでくださったみなさんもDEXというものがどういうものなのかということはわかっていただけたと思いますので、これからも引き続きDEXの動向を見守っていきましょう!

それではぴよのもりでした!

 - なんでも仮想通貨