【仮想通貨】PoW?PoS?PoI?マイニング方法を完全解説!〜中級〜

   

マイニングっていろんな方法があるの?!

どーも、@ぴよのもりです!

大変お待たせしました・・・仮想通貨マイニングシリーズ「中級」です。

初級を読んでいない方はこちら!
【仮想通貨】マイニングって何?仕組み・方法を解説!〜初級〜

仮想通貨マイニングシリーズ初級を読んでいただいた方はなんとなく「マイニングとはなんぞや」ということは理解できたと思います。しかしそれはまだ入り口にすぎません。今回の記事ではさらにマイニングについて詳しくなっていただこうと思っています!難しい内容もあるかもしれませんが、がんばってついてきてくださいね!

さて仮想通貨の情報収集をしていると、このような言葉を聞くことはないでしょうか?

「PoWはもうきつい」「PoSマイニングでじゃぶじゃぶ」「PoIでハーベスティング♪」

これはほんの一部の意見にすぎませんが、マイニングについての知識がない人からしたら意味不明な言葉なのではないでしょうか?しかしこれらのワードはマイニングで不労所得を得ていくためには必須のワードです。

というわけで、今回はPoW、PoS、PoIとは何なのか?それぞれどのような違いがあるのかについて解説していきたい思います。

少しマイニングについておさらい

みなさんはブロックチェーンという技術を知っていますか?仮想通貨に投資をしている方なら、知っていますよね!

これはマイニング初級編でも詳しく解説していますが、簡単に言うと、取引記録を1つのサーバー等で管理するのではなく、複数のサーバーで分散させて取引記録の整合性を証明していくというものです。この技術の素晴らしい点は改ざんの困難さにあります。1つのサーバーで取引の記録を管理している場合、そのサーバーをハッキングすれば取引記録の改ざんが可能となりますが、ブロックチェーンでは世界中に分散しているサーバーを同時にハッキングしないと取引の記録は改ざんできません。

しかし複数のサーバーで取引の整合性を承認していく作業が必要になるため、取引速度が他の決済手段より遅くなるというのがビットコイン、ひいてはブロックチェーン技術が直面している大きな課題の1つとなっています。

そしてこのブロックチェーン技術を用いた取引の整合性を承認する(取引検証)ための方法にはいくつかの種類が存在しています。PoWやPoSというのはこの取引の整合性を承認するための方法の1つという位置づけになります。

ここからはそれぞれの仕組みや特徴、メリット、デメリットを解説していきます。

PoW(Proof of Works)

PoW(proof of works)はビットコイン等が採用している取引検証方法です。仮想通貨界でマイニングというとPoWのことを指している場合が多いです。取引検証作業をするとマイニング報酬がもらえるという仕組みです。まさに「仕事の証明」によって、報酬を得るという名前の通りの仕組みとなっております。

PoWのメリットは「取引記録の改ざんに強い」ということです。この方法を取り入れている仮想通貨は取引記録が改ざんされにくというメリットがあるので、みんなが一番と目指してがんばってマイニングをしています。

逆にPoWのでデメリットは「電気代」と「51%攻撃」です。まずPoWでマイニング報酬を得るためには膨大な計算が必要となるため、電気代がかかりすぎてしまいます。今となっては企業が事業としてマイニングを行っていると言われる程です。そのため個人で参加するというのは非現実的な話となっています。またこのような大きな団体でマイニングを行うことによって、団体が大きな力を持ちすぎてブロックが恣意的に作成されるようになってしまうリスクがあります。これを51%攻撃と言います。こうなってしまうと非中央集権が売りだったブロックチェーンが中央集権管理のそれと同じような状況になってしまいます。

PoS(Proof of Stake)

PoS(プルーフ オブ ステーク)はPoWのデメリットを改善する目的で作られた取引検証方法です。PoSの仕組みは、単純に取引の検証作業を手伝った量に比例して報酬がもらえるのではなく、その仮想通貨の保有量に比例して新規発行の仮想通貨が貰えるというものです。

膨大な計算を必要としないので、電気代はかかりませんし、51%攻撃をしかけようと思ったら、時価総額の半分以上の通貨を保有する必要があるので、現実的に不可能となりました。

マイナーコインだとPoSのマイニングで不労所得を得られることもあります。私はXPという仮想通貨でPoSマイニングをしておりますが、かなり割はいいと思います。また報酬額等の詳細は別の記事で紹介しますね!

しかし保有枚数が多ければ多いほど配当が貰えるというのは先行者利益が大きい、資本を多く持っているものが有利というような視点から貧富の差の拡大が広がるというデメリットがあります。また保有枚数が多ければ多くマイニング報酬がもらえるという仕組みから通貨自体の流動性が下がってしまうという懸念もあります。

POI(Proof of Importance)

PoI(Proof of Importance)とは、NEMで使用されている取引検証方法です。PoIはPoSが抱える流動性の低下の恐れがあるという懸念点を改善するための方式です。

PoIは日本語で「重要性の証明」です。保有枚数と取引量を総合的に判断した上で重要度の高さをスコアリングします。つまりNEMをたくさん持っているかつ、たくさん取引をしている人に多くの報酬が分配されるという仕組みです。これをNEMでは「ハーベスティング」と呼んでいます!

ちなみにNEMは1万XEMを保有していれば誰でもハーベスティングをすることが可能ですが、重要度のスコアリング基準に保有枚数がある以上、貧富の差の拡大は止められないのではないかと言われています。

続きは上級で!

いかがでしたでしょうか?興味をもつことができたマイニング方法は見つかりましたか?笑

実は他にもマイニングの取引検証方式は存在するのですが、この3つをおさえておけばとりあえずは問題ありません!

さて次は最後、上級編です!おたのしみに!

おすすめ仮想通貨取引所

仮想通貨投資をはじめるためには仮想通貨取引所にアカウントを作成する必要があります。取引所は国内から海外まで数多く存在しますが、その中でも私がおすすめする取引所をいくつかピックアップしました!

Coincheck(コインチェック)

ビットコイン取引高日本一の仮想通貨取引所 coincheck bitcoin

国内の取引所で最もビットコインの取引がされているのがこのCoincheck(コインチェック)です。海外のサイトに比べ、取り扱い銘柄数が少ないですが、すべてが厳選された銘柄となっております。海外のサイトを利用するとしても海外の取引所には日本円を直接入金することはできないので、日本円を元に仮想通貨をはじめる場合はCoincheckにアカウントを作ることは必須になります。私もCoincheck経由で海外のサイトを利用しているので、投資をはじめるならCoincheckの登録は今すぐに済ませてもいいと思います!

Binance(バイナンス)

私が現在一押しの海外の仮想通貨取引所がこのBinance(バイナンス)です。中国のサイトなので少し不安に思われる方もいらっしゃるかと思いますが、先日24時間の取引高で世界一となりました。取り扱い銘柄数も非常に多く、草コインと呼ばれるコインも多々取り扱っています。さらにパソコンでページを開くと日本語対応もしているので、海外の取引所にも関わらず日本人に非常に優しいです。2018年に取引所に覇権をとるのはBinanceだと思っています!取引手数料がBNBというBinanceが発行しているトークンを利用することで半額になるのも非常に魅力的なポイントです。

Binanceの評判と登録方法はこちらで解説してます!
Binance(バイナンス)の評判・登録方法を完全解説!

※追記
2018年1月時点、日本語対応はなくなっています。あくまで一時的な調整だといいのですが・・・

Kucoin(クーコイン)

Kucoinも今私がおすすめしている仮想通貨取引所です。Kucoinは第二のBinanceと呼ばれています。まだ取引所が開設されてから4ヶ月程しか経過しておりませんが、取引高はグングン伸びていて、取り扱い銘柄の数もどんどん増えてきています。サイトもシンプルな作りで、日本語対応しているので海外のサイトとは思えない程使いやすいです。またKCSという独自トークンも発行しており、これがまた非常に面白いです。簡単に言うと、Kucoinの利用手数料の50%が KCS保有者に配当として配られるみたいです。詳しくは別の記事で解説しますので、そちらを参考にしていただければと思いますが他の取引所にはない全く新しい取り組みです!Kucoinは今後の成長によっては世界一の座を目指すことのできる取引所だと感じているので、ぜひチェックしておいてくださいね!

bitFlyer(ビットフライヤー)

bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で

bitFlyerは国内で最も有名な取引所の1つです。2017年に記録的な暴騰を記録したMONAコインを取り扱っている数少ない国内取引所でもあります。ちなみにcoincheckではMONAコインの取り扱いはありません。金融庁から仮想通貨取引所として認可も受けているので、安心度の高い取引所でもあります。取引所にアカウントを開設しておく価値は十分にあると思います。

 - 仮想通貨マイニング