仮想通貨を買い増しする際の5つのチェックポイント

   

仮想通貨ってどういう時に買い増しするのがいいの?

どーも、ぴよのもりです!

仮想通貨投資をしていると、暴騰相場、暴落相場に直面する機会が多々あります。そのような状況下でこのような疑問を持つことはありませんか?

「ちょっと仮想通貨を買い増ししたいんだけど、どのタイミングで買い増しすればいいの?」

確かに相場が動いている時は上がっていようが、下がっていようが、儲けるチャンスになります。そういうことに気づいている方は優秀だなと思いますが、実際の取引をするとなると尻込みしてしまうこともあるでしょう。私もかつてはそうでしたが、勉強をしてきた甲斐もあって、少しずつどのようなポイントを抑えて買い増しをすればよいのかということがわかってきました!

そこで今回は私が実際に買い増しをする際に気をつけているポイントをみなさんに紹介します。この記事を読んでくださったみなさんに少しでも、買い増しをする際の参考にしていただけますと幸いです。

ぴよのもりの5つの買い増しチェックポイント

まず私が買い増しをする際にチェックしているポイントをまとめてみました。

①余剰資金で行うこと

②将来性があり、今後短期的に伸びていくと思われる仮想通貨を狙う

③SNSで話題になっているからといって、反射的に買わない

④近日中に暴騰した仮想通貨は買わない(イナゴにはならない)

⑤将来性のある仮想通貨が大きく下落している際は、何回かに分けて少しずつ買い増していく

①余剰資金で行うこと

まず仮想通貨の買い増しは余剰資金で行うことが大前提です。通常の生活に支障きたすようなお金で売買をするのはもっての他です。

仮想通貨で負けない投資方法を包み隠さず公開します!でも紹介していますが、基本的にトレードは感情的になってしまうと必ず負けます。あくまで冷静に取引をすることが大切なので、貯金を切り崩して背水の陣で相場に望むと正しい判断ができなくなります。

余剰資金がないのであれば、何もしないのがシンプルかつ最も合理的な判断となります。

②将来性があり、今後短期的に伸びていくと思われる仮想通貨を狙う

こちらも必須条件です。将来性のない仮想通貨には手を出しません。ここで言う、将来性があるというのは、実需があり、実用化される見込みがあるという意味です。逆にそのビジョンが見えてこない仮想通貨には投資はしません。まだロードマップすら発表されていないような草コインで爆益を狙うこともなくはないですが、感覚としては宝くじを買うようなものですので投資ではなく投機になります。

また例え将来性があったとしても、それが長期投資になりそうな場合は買い増しはしません。なぜならこれから先どんなトラブルがあるかわからないからです。トラブルによる価格の下落リスクは長期投資になればなるほど、増していきます。そのため私は短期的に価格上昇が見込めそうな仮想通貨のみ買い増しをしていきます。短期的に価格上昇が見込めそうな仮想通貨の選び方は人それぞれの考え方があると思いますが、やはりICOやハードフォーク、事業提携等は投資家の間でも注目度が高いので気にしておいた方がいいでしょう!

もしも仮に思ったように価格が上がっていかなくとも将来性のある仮想通貨さえ選んでおけば、長期的に価格はあがっていく可能性が高いのでリスクヘッジもある程度はできているはずです。

ちなみに私が特徴や将来性を分析した仮想通貨はこちらで紹介しておりますので、時間のある時にでも読んで、s参考にしていただけばと思います!

仮想通貨銘柄紹介

③SNSで話題になっているからといって、反射的に買わない

SNSで話題になっていて、様々な人が買いを煽っているからといって、反射的に買うのはよくありません。それが本当に価値のある銘柄である場合もありますが、まずは自分で本当に価値がありそうか、将来性がありそうかということを調べる必要があります。

取引価格が上がっている=将来性がある、というわけではないことを勘違いしないようにしましょう。SNSで話題になっているからといって、買ったはいいものの熱が冷めてくると、取引価格が下がってくるというのは珍しい話ではありません。特に暴落相場ではこのような仮想通貨が真っ先に売られはじめますので、絶対に手を出さないようにしましょう!

④近日中に暴騰した仮想通貨には手を出さない(イナゴにはならない)

近日中に暴騰した仮想通貨には手を出さない方が懸命です。確かに暴騰したということはなんらかの好材料が発表された、あるいは市場での注目度があがっているということが考えられますが、こういう場合は本来の適正価格を大幅に越えて価格が上昇している場合が多いです。

適正価格を大幅に越えている場合は、一旦上昇が落ち着くとじわじわと取引価格は適正価格になるまで下がっていきます。ここで難しいのは取引価格が上昇している間はどのあたりが適正価格で、天井の価格がいくらなのかということがわからないことです。

そのため一度暴騰してしまった仮想通貨を買い増してしまうと、実は適正価格を大きく越えたところで買い増しをしていて、適正価格に戻った時に大きな損失を被ってしまう場合があります。せっかく大きく相場が動いているのに見ているだけというのはつらいかもしれませんが、暴騰する前に投資できなかった自分が悪いと諦めるのが最良の選択です。

ちなみにチャット等でよく見られる「イナゴが焼かれている」というコメントはまさにこのような状況のことを言います。本来の適正価格を見極めることができず、上昇相場に乗っかって投資をすると大切な資産が焼かれてしまいます・・・

⑤将来性のある仮想通貨が大きく下落している際は、何回かに分けて少しずつ買い増していく

これも非常に大切なことです。将来性のある仮想通貨も仮想通貨取引の規制報道等によって暴落する場合があります。基本的に仮想通貨市場が不安に包まれると全仮想通貨の取引価格が暴落しますが、このタイミングこそが本当の買い増しチャンスです。市場への不安は時間の経過とともに風化していくので、一度底値までいってしまえば後はじわじわと元の価格へと戻っていきます。

しかし暴落時にどこが底値なんてわかりませんよね?仮想通貨市場の暴落は想像を絶する程のスピードと下げ幅がありますので、テクニカル分析もほとんど意味をなしません。(少なくとも私には無理でした。泣)

ではどうすればいいのか?

一気に買い増しをせずに、何度かに分けて細かく買い増しをしていくのです。

例えば!BTC=200万で取引されていたものが、暴落相場によってどんどん取引価格を下げていっているとしましょう。あなたの増資資金が20万円だったとするならば、150万で5万円分、135万で5万円分というように細かくわけて指値を入れておきましょう。このように指値を入れておけば、BTCの取引価格が下がれば下がる程あなたは効率よくBTCを買い増すことができます。

時には、あなたが設定した指値に刺さらずに価格が戻っていく場合もありますが、もちろんそれはそれで問題ありませんよね?もっと買い増ししたかったという場合は別ですが、そこは効率の良さやリスク分散を追求した結果なので、欲張りすぎた自分が悪いと割り切ってください。

一番よくない買い増し方法は150万に20万円分すべての指値を入れてしまうことです。どちらの方が効率よく買い増しができて、資産を増やせているかは計算するまでもありませんよね?

買い増しをするなら指値が入れられる取引所を使いましょう

基本的に仮想通貨は市場の流動性が低いため、取引所の取引手数料が高くなってしまう傾向にあります。それは今の市場状況ではしかたのないことです。

しかし指値を入れて取引をすれば、あなたが決めた取引価格で必ず約定することができます。指値注文でも手数料はかかりますが、簡単売買や交換所に比べるとはるかに安い取引手数料です。

ただし指値を入れるためには売買板のある取引所を使う必要があります。日本国内の仮想通貨取引所では基本的にBitcoin以外の売買板のない取引所が多いので、海外の取引所を利用する方がおすすめです。Zaifは売買板がありますが、海外の取引所に比べると取り扱い銘柄数に大きな差があります。

そこで私が利用している指値注文が使える海外の仮想通貨取引所を2つ紹介します!

Binance

私が現在一押しの海外の仮想通貨取引所がこのBinance(バイナンス)です。中国のサイトなので少し不安に思われる方もいらっしゃるかと思いますが、先日24時間の取引高で世界一となりました。取り扱い銘柄数も非常に多く、草コインと呼ばれるコインも多々取り扱っています。さらにパソコンでページを開くと日本語対応もしているので、海外の取引所にも関わらず日本人に非常に優しいです。2018年に取引所に覇権をとるのはBinanceだと思っています!取引手数料がBNBというBinanceが発行しているトークンを利用することで半額になるのも非常に魅力的なポイントです。もちろんXRPも取り扱いしてますよ!

Binanceの評判と登録方法はこちらで解説してます!
Binance(バイナンス)の評判・登録方法を完全解説!

※追記
2018年1月21日時点、日本語対応はなくなっています。あくまで一時的な調整だといいのですが・・・

Kucoin(クーコイン)

Kucoinも今私がおすすめしている仮想通貨取引所です。Kucoinは第二のBinanceと呼ばれています。まだ取引所が開設されてから4ヶ月程しか経過しておりませんが、取引高はグングン伸びていて、取り扱い銘柄の数もどんどん増えてきています。サイトもシンプルな作りで、日本語対応しているので海外のサイトとは思えない程使いやすいです。またKCSという独自トークンも発行しており、これがまた非常に面白いです。簡単に言うと、Kucoinの利用手数料の50%が KCS保有者に配当として配られるみたいです。詳しくは別の記事で解説しますので、そちらを参考にしていただければと思いますが他の取引所にはない全く新しい取り組みです!Kucoinは今後の成長によっては世界一の座を目指すことのできる取引所だと感じているので、ぜひチェックしておいてくださいね!

 - 仮想通貨分析