【仮想通貨】マイニングって何?仕組み・方法を解説〜初級〜

   

仮想通貨のマイニングってよく聞くけど一体なんなの?

どーも、ぴよのもりです!

早速ですが仮想通貨投資に夢中のみなさん、「マイニング」って聞いたことありませんか?聞いたことある人は多いと思いますが、それがどのようなものかと言われるとわからないという人も多いのではないでしょうか?マイニングについて深く知ることは仮想通貨投資をやっていく上では必須事項ではありませんが、知っていた方がお得であることは間違いありません。難しい内容もあるかもしれませんが、初級編から上級編までに分けて、段階的に解説していくので、興味がある方はぜひ順番に読み進めてみてください!

さてマイニングとは簡単に言うと、「仮想通貨を入手する仕組み」です。もちろんタダで入手できるわけではありません。しかしお金で購入するわけでもありません。ある条件を満たすことで仮想通貨を入手することができる仕組み、それがマイニングです。

というわけで、次は仮想通貨を入手するための「ある条件とは何か」という点を解説していきます!

マイニングの仕組み

マイニングとは仮想通貨の暗号化システム、取引履歴のシステムに参加することによって、仮想通貨を入手することができる仕組みのことです。

仮想通貨のブロックチェーンという言葉は聞いたことがあるでしょうか?ブロックチェーンとは簡単に言えば、仮想通貨取引の記録(ブロック)の連なりのことを言います。このブロックの連なりに、一定期間毎に新しいブロック生成し、繋げていくことで取引の整合性を管理していきます。取引の整合性を管理するのは誰かというと、ブロックチェーンのネットワークに参加している人達です。これだけでは全くイメージが湧かない方もいらっしゃるかもしれませんが、この取引の整合性を管理していく暗号化システムこそが、仮想通貨が非中央集権型だと言われる所以でもあります。

さて察しの良い方はもう気づいているかもしれませんが、マイニングに参加するということは仮想通貨の整合性を管理する一役を担うということです。

そんなのできるわけないから、マイニングは諦める!なんて言うのはちょっと待ってください!マイニングは言葉にすると難しいですが、実は簡単に行うことができます。

まず通貨の取引の整合性を確かめる作業は基本的にはコンピューターが自動計算することで実現します。しかしすべての仮想通貨取引の整合性を確かめるとなると、その作業には膨大な計算量が必要になります。1つのコンピューターで行うなんて不可能なのです。

そこでこの取引の整合性を確かめる作業をするために有志のコンピューターリソースを借りることにしました。大量のコンピューターの計算能力を借りることによって、膨大な計算を行うことを実現し、みんなで共有する1つの大きな取引台帳を管理しているのです。

つまりあなたの手元に余っているコンピューター(パソコンでも可)さえあれば、そのコンピューターの計算能力を使ってマイニングに参加することができるのです!あなたは何1つ計算なんてする必要はありません、ただマイニングの設定をしてボーッとしておくだけでいいのです。笑 作業はすべてコンピューターがやってくれます。

マイニングの報酬として仮想通貨がもらえる

マイニングとは仮想通貨の取引の整合性を管理する一役を担うことだと言いました。そしてそのためには自らのコンピューターの計算能力を貸してあげる必要があります。これをもしもボランティアの有志で行おうと言っても、誰も手伝ってくれないでしょう。

そこでマイニング作業のために膨大な計算処理をし、新しいブロックの生成を成功させた人には、報酬として仮想通貨が支払われるというシステムになっています。難しいことを言っているように聞こえるかもしれませんが、「マイニング作業に参加してくれてたらランダムにはなるけど報酬として仮想通貨支払うよ」ってことです。

この新しく支払われる仮想通貨は市場に流通しているものではなく、新しく発行されたものです。つまりこの瞬間こそが仮想通貨発行の瞬間となるわけです!

ちなみに仮想通貨の新規発行はマイニング以外の方法がありません。つまりその通貨の発展を願う人がマイニング作業に明け暮れているといっても過言ではないでしょう。

マイニングの方法

これまでの説明でなんとなくマイニングの仕組みはわかっていただけたのではないでしょうか?余っているパソコンとインターネットと電気さえあればマイニングに参加する準備もばっちりです!

そうなってくると次はマイニングに参加するためにはどうすればいいの?ということが気になりませんか?

一般的にマイニングに参加する方法は「ソロマイニング」「プールマイニング」「クラウドマイニング」の3種類があります。どれも同じ作業をするのですが、マイニングの参加方法が違うというイメージです。それぞれにメリット・デメリットがあるので、早速どのような違いがあるか解説していきます。

ソロマイニング

ソロマイニングとは名前の通り、個人でマイニングに参加する方法です。マイニング報酬を得るためにはブロック生成の競争で1番を獲得する必要があります。この1番を獲得するというのはどういうことかと言うと、仮想通貨のインターネット上での取引を他のブロック(取引記録)と転結する際に計算問題が出題されるのですが、その問題を誰よりもはやく解いた人が報酬を獲得できるということです。

そのため現在、ビットコインのような人気銘柄では多くの人がハイスペックなコンピュータでマイニングに参加している上、企業単位でマイニングに参加していたりもするので、個人ではほとんど太刀打ちができない状況になっています。ソロマイニングでビットコインのような人気銘柄のマイニングは無理だと思った方がいいです。

逆にソロマイニングのメリットとしては報酬を獲得できた場合、その報酬を独占できるということです。新興銘柄のマイニングを行うのであれば、ソロマイニングがおすすめです!ちなみに私はXPという仮想通貨のマイニングをソロで行っています!まだはじめたばかりで報酬は獲得できていませんが、非常にたのしみです!

こちらがマイニングの画面です!登録の方法とかはもう少し待ってくださいね!笑

プールマイニング

プールマイニングはそのマイニングとは対照的に、マイニングプール(チーム)内の他の人と協力してマイニングを行う方法です。マイニングプールに所属しているメンバーの誰か1人が最速で計算問題を解くことができれば、マイニング成功となり、マイニングプール内のメンバーで報酬を分配します。

複数のメンバーでマイニングに望むため、報酬をもらえる確率はソロマイニングと比べると高くなりますが、一回あたりの報酬額は少なくなります。そのためマイニング初心者の方やとりあえず報酬をもらってみたいという方はプールマイニングがおすすめです。

マイニングプールはたくさん存在しているので、興味がある方はぜひ調べてみてください!(マイニングプールのまとめ記事もいつか書こうかな・・・)

クラウドマイニング

クラウドマイニングとはマイニングを行っている企業、サービスに投資を行う方法です。企業やサービスは投資してもらったお金を元にマイニングを行い、得た利益を投資者に分配するという仕組みです。

クラウドマイニングははっきり言って、マイニングというよりは投資に近いです。なぜなら投資者が分配を得られるメカニズムが「マイニングをしたから」ではなく、「マイニングをしている会社にお金を投資したから」というものだからです。

クラウドマイニングのメリットは規模の大きなマイニングをしている企業やサービスなので、報酬を得られる可能性が高いため分配金を得やすいということです。また自分のコンピュータを起動させてマイニングをするわけではないので、電気代が安くすみます。

逆にデメリットとしては投資先の会社が倒産してしまうリスクや、悪徳企業に投資をすると詐欺被害に会う可能性があるといういうことです。

正直な話、私はクラウドマイニングの詐欺に引っかかってしまった友人を見たことがあります。そういった姿を見てしまったという偏見もありますが、個人的にはクラウドマイニングはあまりおすすめしていません。

というよりもそもそも自分でマイニングしてない時点でなんか違うような気が・・・それに投資するお金があるならもはや直接仮想通貨買った方がいいような気もするし・・・

これはあくまで個人的な考えなので気にしないでくださいね!笑

マイニング報酬 マイニング成功率 マイニング方法
ソロマイニング 個人
プールマイニング プール内で協力
クラウドマイニング 企業、サービスに投資

続きは中級で!

仮想通貨マイニングに関しての初級編はいかがでしたでしょうか?

この記事でなんとなくマイニングの仕組みとどんな参加方法があるのかということがわかっていただけたら、十分です!おそらくマイニングの登録方法を調べれば、マイニングはじめれると思います。笑

ただマイニングは実はもっと奥が深いのです・・・

マイニングについてもっと詳しくなりたい方は中級編でお会いしましょう!

 - 仮想通貨マイニング