仮想通貨ALIS(アリス)とは?特徴・将来性を解説!

      2018/03/04

どーも!ぴよのもり@piyonomori03です!

今回は仮想通貨ALIS(アリス)の特徴や将来性について解説していきます!アリスも私が将来を期待している仮想通貨の1つなのですが、そもそも存在を知らないという方もいらっしゃるのではないでしょうか?

アリスとは2017年9月29日に発行された比較的後発の仮想通貨で、クオリティの高い記事を評価するSNS系のプラットフォームです。とはいってもこれだけでは全くなんのことかわからないと思いますので、まずはチャートからみてましょう!

2018年1月14日時点では1ALIS=130円くらいで推移しています(最新のチャートはこちらから)。先ほども言いましたが、アリスは2017年9月29日から発行されたのですが確実に価格を上昇させることに成功しています!他の草コインの上昇率と比較すると物足りなく感じるかもしれませんが、もともとの価格が30円程度なので、はじめからある程度注目度の高かった銘柄ともいえます。個人的にはまだまだ伸び代のある仮想通貨だとも思いますので、この機会にチェックしてくださいね!

ALIS(アリス)って何?

ALISは「クオリティの高い記事を評価するSNS系のプラットフォーム」です。これは言い換えるとユーザーが情報検索をかけた際に、素早く質の高い情報にたどり着くということを目的としたプラットフォームという意味です。今は世の中に情報が溢れかえっている状態ですし、今後もっと大量の情報がインターネット上に増えていくことが予想されるので、アリスが目指す世界が実現すれば情報ストレスは大幅に軽減されることが予想されます。

みなさんが情報を検索する際にはグーグルやヤフーを使うことが多いと思いますが、一発で目的の情報にたどり着けたことはありますか?正直あまりないのではないでしょうか?その理由は単純明快でブログでの報酬を目的にしたアフィリエイターと言われる人たちがサイトを検索上位に表示させるためにあらゆる手を使って、サイトを上位表示させているからです。アフィリエイターが書く記事はあくまでお金稼ぎを目的としているのであって、みなさんに役立つ情報を提供するために書いているわけではありません。そのため現在のグーグルやヤフーの検索アルゴリスムでは本当に役に立つ情報が上位に表示されるようにはなっていないのです。

そこでアリスの出番です。アリス(ALIS)はユーザーが役に立つと評価した記事を書いているサイトを上位に表示する仕組みになっています。この不特定多数のユーザーが評価するという点がSNS系プラットフオームと言われる所以です。しかしこの民主主義的な方法で質の高い記事を評価することで本当にユーザーが求めているものだけが残る可能性が高くなります。つまり低品質なサイトや記事は自然と淘汰されていきます。なんとなくアリスの作る未来がイメージできましたでしょうか?

アリスの特徴

さてなんとなくアリス(ALIS)のことがわかったと思いますので、ここからはもう少し詳しくアリスの特徴を解説していきます!

記事の作成者と記事を評価した人に配布される

当たり前のことかもしれませんが、基本的にインターネット上で記事を書いただけでは報酬は入りません。読者がサイトに掲載されている広告をクリックしたり、その記事から商品を購入することで記事の作成者に報酬が入るという仕組みです。そのため記事作成者は商品を売るための記事を書くわけです。しかたありません、そうしないと商品が売れないんですから。しかしそんな情報を読者は求めていません。その商品の内容を詳しく知りたいと思う人が大半です。

そういったある意味ジレンマのような問題をアリスは解決しようとしています。アリスでは読者に評価された記事が掲載されているサイトの運営者にアリスのコインが配布されます。そしてその記事を評価した読者にもコインが配布されます。読者からすればいい記事が読めて、コインまでもらえて一石二鳥というわけです。

こうすることによって記事の作成者は読者に評価してもらえるように読者目線で記事を書くようになります。アフィエイト目的の広告記事は一気に淘汰されることでしょう。

日本人の開発チーム

こんなすばらしい仕組みを実現してくれるアリス(ALIS)の発行者はなんと日本人です!なぜかそれだけで応援したくなりませんか?笑 それに日本人の開発チームと聞くと途中で開発チームが雲隠れしてしまうみたいなこともなさそうという安心感もあります。

またALISは公式ツイッター@alis_mediaプロジェクトの進捗を毎日更新してくれます。

こういったプロジェクトの透明性が信頼を獲得していき、多くの人から応援される大きなプロジェクトになってくれると信じています。

ALIS(アリス)の将来性は?

ALISは将来性のある仮想通貨です!まず最も注目すべきなのはアリスを利用した本サービスの提供を2018年に予定していると開発チームが発表していることです。

実験とかではありません。本サービスの提供です。本サービスが提供されるにあたって、価格が上昇していくということは十分に予想されます。
【関連記事】
ALISクローズドβ版の事前登録がはじまったみたいだよ!

加えて、アリス(ALIS)は日本主導のICOが行われているにも関わらず、国内の仮想通貨取引所でまだ取引がされていないという現状があります。(2018年3月4日時点)

このまま国内取引所に上場しないまま本サービス提供というのは考えにくいですよね・・・?ずばり私は2018年に国内仮想通貨取引所に上場する可能性があると予想しています!

ぶっちゃけ私も国内取引所への上場の可能性があるので、投資すべきか否かを迷っています。この予想さえ当たれば、爆上げ間違いなしなんですよね〜ただ何もなかった場合は完全に機会損失になる可能性が高いので投資資金の少ない私にとっては悩みどころです。ぶっちゃけWavesとかOmiseGoとかTrigerとか投資したい仮想通貨は他にもありますし。でもアリスは悩んでいる間に上場しちゃう気もするので、はやく決めないといけないんですよね・・・1月中にbitFlyerで新しいアルトコインが1つ上場する予定があるらしいのですが、これがALIS(アリス)だったら本当に買っておかないと後悔すると思います・・・ん〜悩む。

もしも私がALISに投資したら、ツイッター(@piyonomori03)か億り人シリーズで報告しますね!笑

それとこれはあくまでも個人的な推測にすぎないので、投資する際は自己責任でお願いしますね。笑

※追記(2018年3月3日)
ぴよのもりは悩んだ末に、2,500ALISを現在保有しております!

ちなみにアリスが買える仮想通貨取引所は海外でも少なく、私が使用している取引所ではcoinexchangeだけです。coinexchangeは450種類以上の銘柄を取り扱っている草コイン取引所とも言われています。笑 アリスに興味がある人はcoinexchangeでアカウント作成してみてくださいね!

それではぴよのもりでした!

 - 仮想通貨銘柄紹介