仮想通貨OmiseGoとは?特徴・将来性を解説!

   

OmiseGo(オミセゴー)って知ってますか?

みなさん、OmiseGoといういう仮想通貨を知っていますか?読み方はそのままオミセゴーです。笑

Omisegoは日本人の長谷川さんという方が起業して立ち上げた「Omise」というオンライン決済システムで使用される仮想通貨トークンです。ちなみにこのトークンはイーサリアムのブロックチェーンを利用しています。ICOからの急騰で今注目度の高い仮想通貨銘柄の一つです!

途中横ばいが続いた期間もありますが、驚異的な上昇率を見せている通貨です!

今回はそんなOmiseGoの特徴や将来性を紹介していきます。

そもそもOmiseってなに?

「Omise」とは「Omise Japan」という会社が提供しているオンライン決済システムです。この企業の拠点はタイのバンコクにあり、2013年に設立されました。

モバイル端末同士で送金が可能で、銀行口座を持たなくても簡単に送金ができるようになりました。また店舗でOmiseGoを通貨として支払うことができるようになりました。

Omiseはタイ発ということで東南アジア向けに展開されています。特にタイでは3分の2のモバイル会社がOmiseのサービスを利用しており、かなり普及が進んでいます。日本にも展開されていますが、まだまだ知名度は低いです。。

しかしSBIやSMBCから投資を受けているといったことから今後の展開には期待ができそうです!

OmiseGoの特徴

OmiseGoはOmiseで利用できる仮想通貨トークンです。OmiseGoはイーサリアムを利用して作られました。OmiseGoは東南アジア全域で決済可能な仮想通貨になることを目標にしています!

OmiseGoを利用することで低価格かつ迅速な決済を実現することが可能になります!メリットが非常にシンプルですが、利用者も利用イメージが簡単に湧くので普及さえすれば生活に馴染むまでは非常にはやいかもしれませんね。

OmiseGOはなぜ東南アジアなのか?

突然ですが、みなさんは銀行口座やクレジットカードを持っていることを当たり前だと思っていませんか?私ももちろん両方もっています。日本は金融インフラが世界トップレベルで整っているので、こういう感覚はあまりないかもしれませんが、世界では銀行口座をもっていない、クレジットカードなんて持ってないということはそれ程珍しい話ではありません!

特に東南アジアのような発展途上国〜新興国の集合地域ではなおさらです、国によっては銀行口座を開設するさけでお金がかかる国もあります。そういう国、地域を狙っているのがOmiseGoなのです!

東南アジアの国々では銀行口座は持っていない人も多々いますが、スマートフォンは誰もが持っています。
つまりスマートフォンを使って、仮想通貨で簡単に送金、決済が出来るようになれば銀行口座がいらなくなるのです!日本よりもタイ等の国の方が仮想通貨決済の普及がはやいということには、こういった不便な現状に対するソリューションへの需要の高さが要因にありま

またOmisegoのアドバイザーにはイーサリアム開発者のVitalik(ヴィタリック)も絡んでいます。Omisegoはもっと多くの人に興味をもってもらうために、イーサリアム保持者にOMGトークンを無償配布をするといった取り組みも行っています。これはお得ですね!ちなみにこれをエアドロップといいます。エアドロップされるトークンの総量は約700万トークンです。700万分のトークンが市場に流通するということは売りの方が強くなる可能性が高いです。そのためトークンの価格は上がりにくいという意見もちらほらあります。

OmiseGoのエアドロップに関して

OmiseGoはもっと様々な人に興味をもってもらう目的で、イーサリアムを持っている人に無償提供を行っているという話をしました。仮想通貨をもっていることで仮想通貨トークンが無償で配布されることをエアドロップといいます。

これを聞いてイーサリアムを買おうと思った方もいるかと思いますが、残念ながらエアドロップは終了しており今は受け取りができないようです。

また同じような取り組みが行われるかはわかりませんが、エアドロップは何もOmiseGoだけで行われているわけではないので、とりあえず言葉だけでも覚えておいてください!保有している仮想通貨の過去の取り組みを知っておくことも重要ですしね!

OmiseGoの購入方法を簡単解説

OmiseGOは国内の仮想通貨取引所で取り扱いをしているところが1つもありません。そのため国内の取引所を経由して海外の取引所で購入する必要があります。

①国内取引所でアカウント作成
Coincheck
bitFlyer

②海外取引所のアカウント作成
Binance
Kucoin

③①で作成したアカウントでビットコイン(BTC)を購入

④③で購入したBTCを②で作成したアカウントに送金

⑤④で送金したアカウントでOmiseGoを購入

以上です!

日本の仮想通貨取引所で取り扱いがある仮想通貨の種類は海外の取引所と比べると非常に少ないです。何か興味をもった通貨があっても日本の取引所では買えないなんてことザラにあります。

そういう時のために海外の取引所アカウントを1つだけでも作成しておくと流行に乗り遅れて機会損失をこうむることは少なくなると思います!もちろん国内の取引所も送金元として必要なので、忘れずに登録しておいてくださいね!

ちなみに国内の取引所でBTCを購入する時は簡単売買ではなく、買い板、売り板で指値を入れて購入する方が手数料が少なくてすみます。試してみてください!何を言ってるかわからないという人は簡単売買でも問題ないので、簡単売買しましょう!

それではぴよのもりでした!

 - 仮想通貨銘柄紹介