仮想通貨Wavesとは?特徴・将来性を解説!

      2018/03/04

どーも、ぴよのもり@piyonomori03です!

私が今後注目している仮想通貨の一つにWavesというものがあります。しかしまだ仮想通貨市場の参加を検討している人、市場に参入してまもない人はもちろんのこと、しばらく仮想通貨市場で売買をしてきた人ですら、Wavesという仮想通貨がどのようなものなのかを知る方は少ないのではないでしょうか?

私の投資ルールの1つに将来性を感じない仮想通貨には投資しないというものがあります。その仮想通貨の進むべき未来を知っていることで失敗トレードを減らすことができるからです。そんな私がこのWavesという仮想通貨に今非常に興味を持っています!つまり将来性を感じているということです!

そこで今回の記事では私が将来性を感じたWavesという仮想通貨の特徴や将来性を紹介したいと思います!初心者の方も玄人の方でも参考になるような内容を意識して書いていきますので、ぜひ最後まで読んでみてくださいね!

Wavesって何?

WavesはICOプラットフォーム型の仮想通貨です。ICOとは簡単に言うと、仮想通貨を利用した資金調達のことです。似たようなものでIPOというものがありますが、こちらは企業が株を一般投資家に向けて売り出すことで資金を調達する手法です。ICOは従来で考えられなかった新しい資金調達の方法で、現在仮想通貨市場を中心に世の中的にも非常に注目度が高いです。

プラットフォーム型の仮想通貨といえばイーサリアムが最も有名ですが、イーサリアムとWavesでは目指している方向性が異なります。イーサリアムはアプリケーションのプラットフォームですが、WavesはICOのプラットフォームです。この説明ではわかりにくいと思いますので、Wavesでできることを先に言ってしまうとWavesは独自トークンの発行を簡単に行うことができます。発行費用も低く、ほんの数分で独自トークンを発行できるため、企業単位はもちろん個人単位でのトークンの発行が可能です。つまり独自トークンを発行して、ICO、つまり資金調達を行うことができるのがWavesの最も大きな特徴です。

ICOプラットフォームと言われるだけあって、クラウドファンディングや投票システムの機能、スマートコントラクトなどを備えた多種多様な独自トークンを作ることが可能です。Wavesのプラットフォーム上でICOを行った例としては、「MobileGO」「ZrCoin」などがあげられます。これらのICOは無事に成功しておりますので、Wavesは実績も残していると言っていいでしょう。資金調達という大規模なお金が動く世界のプラットフォームということで、すでに政府や金融機関も注目しており、動きはじめているようです。今後に期待が持てますね!

またお遊び感覚で自分が作った独自トークンの値上がりを楽しむというのもWavesの魅力の1つだと思います。ぴよのもりトークンも作っちゃおうかな・・・笑

ちなみに発行した独自トークンはWavesプラットフォームのDEX(分散型取引所)で使用することが可能です。
【関連記事】
DEX(分散型取引所)が2018年の仮想通貨市場のトレンドワード?!

また2017年9月に「Kuna.io」というウクライナの取引所と提携し、外部の仮想通貨取引所への上場も実現しました。今後もっと様々な取引所と提携が進んでいくことでWavesの価値はますますあがっていくことでしょう!

分散型取引所(DEX)とは?

Wavesは取引所をプラットフォームの外に起くことによるハッキングのリスクをなくすためにプラットフォーム上に「DEX」と呼ばれる分散型の取引所をつくりました。かつて巨額のビットコインを消失させてしまった仮想通貨界の歴史的大事件、マウントゴックス事件はビットコインの技術の問題ではなく、取引所がハッキングされたことにより引き起こされました。2018年1月に起こったコインチェックのXEM不正送金事件も取引所がハッキングされたことが原因でした。

Wavesは分散型取引所の機能を兼ね備えたプラットフォームとすることで、外部からハッキング攻撃を防ぐ、ブロックチェーンにより取引の改ざんを防ぐといった高セキュリティを実現したのです。

ただ初心者の方には少し難しい話かもしれませんので、よくわからないという人は一旦は理解しなくても大丈夫です!DEXっていう分散型取引所で取引すると高セキュリティなんだ〜くらいの認識で大丈夫です。

LPosシステムとは?

Wavesは独自の「Leake Proof of Stake(LPoS)」というシステムを採用しています。
LPoSとは他の仮想通貨でも採用されている「Proof of Stake(PoS)」というシステムに、リースができる仕組みを追加したシステムです。

基本的にPoSを採用している仮想通貨はマイニングによる報酬制度がありますが、通貨の保有量に比例するため資金のない方にとってはあまり効率がいい方法とは言えません。しかしLPosは「リースすることで、おまけのトークンを貰うことができる」という報酬制度を通常のPoSマイニングに追加したものになるので、効率がよくないというデメリットをある程度、無くすことに成功しています。リースは自動更新されるノードに任せるだけなので、ウォレットで放っておくだけで勝手にトークンが増えていきます。まさに不労所得です。(PoSも不労所得ではあるのですが・・・)

LPoSでマイニング報酬とリース報酬をもらうためにはWaves公式のウォレット「Waves Lite Client」を使ってください!

Wavesの懸念事項は?

Wavesにも懸念事項はあります。それはシステム面での脆弱性です。DEXでは過去に「MobileGo」の偽ブランドのトークンが発行されてしまい、そのままICOが行われてしまったことがあります・・・いわゆるICO詐欺と呼ばれる事件です。

今後、ICO詐欺の撲滅をはじめとした、システム面の強化がWavesの価格上昇のポイントになるような気もしています。

Wavesの今後の将来性

WavesのICOプラットフォームは、独自トークンの発行によるICOに加え、スマートコントラクト、匿名取引機能、投票システムといった様々な応用がなされていく可能性を秘めています。圧倒的な手軽さで発行できるトークンは流通業界にも大きな革命をもたらす可能性もあります。

一例として「バーガーキング」の例を紹介します。「バーガーキング」もWavesで独自トークンを発行しているのですが、店舗で1ルーブル(ロシアの法定通貨)を支払う毎に、顧客に1トークンが溜まり、1700トークンでハンバーガーと交換できるという仕組みを構築しました。これってみなさんが普段利用しているポイントカードの仕組みと全く同じですよね?Wavesは仮想通貨なのでバーチャルの世界で管理しているため、インターネットさえあればポイントカードを持ち歩かなくてもいい時代がくるかもしれません。

またポイントカードを発行している店舗側も発行にかかる多額の費用をWavesの独自トークンを利用すれば、大幅に削減することができるという大きなメリットがあります。ポイントカードをWavesのトークンで代用する世界なんてわくわくしませんか?笑

他にもWavesは「Microsoft Azure」との提携をはじめ、多くの大型プロジェクトへの参加がすでに決まっていたりと今後の展開にさらなる期待を持つことができそうです!偽トークンが簡単に発行できてしまうという大きな課題も残っていますが、その点さえ解消することができればWavesが流通の世界で覇権をとる未来も見えてくるかもしれません!

ちなみに2018年1月10日時点、Wavesのチャートはこんな感じです。

※最新のチャート情報はこちらでご確認ください。

Wavesが買える仮想通貨取引所

Binance

Wavesを購入するのであればこのBinance(バイナンス)で購入するのがおすすめです。中国のサイトなので少し不安に思われる方もいらっしゃるかと思いますが、先日24時間の取引高で世界一となりました。取り扱い銘柄数も非常に多く、草コインと呼ばれるコインも多々取り扱っています。個人的には2018年に取引所の覇権をとるのはBinanceだと思っています!取引手数料がBNBというBinanceが発行しているトークンを利用することで半額になるのも非常に魅力的なポイントです。

しかしBinanceは海外の仮想通貨取引所なので、日本円を直接Binanceに入金することができません。そのためまずは国内の取引所に日本円を入金し、BTCあるいはETHを購入しBinanceに送金するという手順を踏む必要があります。めんどくさそうに聞こえるかもしれませんが、やってみると意外に簡単なのでトライしてみてください!

Binanceの評判と登録方法はこちらで解説してます!
Binance(バイナンス)の評判・登録方法を完全解説!

 - 仮想通貨銘柄紹介