The DAO事件についてまとめました【イーサリアム】

   

The DAO事件の概要

Ethereum (イーサリアム)プラットフォーム上にThe DAOというプロジェクトが2016年に立ち上がりました。

The DAOの名前の由来は「decentralized autonomous organization」の頭文字から来ています。「分権的で(dicentralized)自主的な(autonomous)組織(organization)」という意味です。名前の通りThe DAOは非中央集権的で自主的な組織を目指したプロジェクトです。

プロジェクトの詳細などは後述しますが、このプロジェクトは当時世界的に注目され、ICO(仮想通貨を利用した資金調達)で1.5億ドル以上分のETH(イーサ)を集めることに成功しました。

しかし結果的にThe DAOは自身のバグにより、3分の1の資金をハッカーに奪われました
奪われた資金を取り返すためにEthereum のコミュニティはハードフォーク(システム修正)によりこのハッキング攻撃をなかったことにする提案をしました。
この提案に対して、ハッカーが自身に協力する者への報酬を発表する等の紆余曲折がありましたが、結果的にハードフォークが行われ、ハッキング攻撃をされる前の状態に戻すことになりました。

しかしその後、消滅すると思われていた元のEtherium ブロックチェーンへの肯定意見が高まり、Etherium Classic として生き残ることになります。
現在でも仮想通貨取引所でETC(Etherium Classic)はETHと並んで取引が続いており、開発も継続的に行われています。

以上がThe Dao事件の大まかな概要です。

The DAOの仕組み

仮想通貨界で歴史的とも言えるThe DAO事件を引き起こしたThe DAOというプロジェクトは一体どのようなプロジェクトだったのでしょうか?

The DAOは「投資ファンドを非中央集権で行う」プロジェクトでした。普通の投資ファンドは運営元が投資家から資金を集め、ファンドが投資先を決定し配当を投資家に分配するという仕組みで成り立っています。ある意味投資ファンドに投資の決定権を委ねるので中央集権的であるのが投資ファンドの従来の仕組みでした。

しかしThe DAOは資金集めをしたり、投資先を決定する運営が存在しません。DAOという独自トークン(仮想通貨)を保有する投資家たちによる賛成を得る事で投資先を決定していき、得た利益をDAOの保有者に分配をするという仕組みです。

The DAOはイーサリアムのシステムを利用して生まれたプロジェクトです。イーサリアムはスマートコントラクトのプラットホームですので、イーサリアムを利用したサービスの一つがThe DAOという事です。そのためこのプロジェクトで使われる通貨は法定通貨ではなく、ETHでした。

The DAOは革新的なプロジェクトだった

The Daoですがこのプロジェクトははっきり言って革新的なプロジェクトです。2018年1月時点でも同様の性質のプロジェクトは存在していません。

投資ファンドのような基本的に中央集権で動く組織をブロックチェーン技術で民主主義的に動かせるThe Daoというプロジェクトは組織の決定はトップが下すという世界の常識を覆す可能性すらありました。

The DAOは事業に投資を行い、その事業で得た利益を分配するという仕組みを構築していたので、事業のビジネスモデルを民主主義的な投票で決めたとして利益を生み出すことは可能なのかということが懸念されました。もし仮にThe DAOが成功ようなことがあれば、事業の意思決定はトップ1人でしなければならないものではなく、民主主義的に決定しても問題ないと判断できるのです。

今の私には到底想像できない世界です・・・

The DAOの失敗について

The DAOは結果的に失敗に終わりました。理由はThe DAOの脆弱性をつかれたことですが、現時点で非中央集権的な組織は実現不可能という結論付けをされました。

この事件はあくまでThe DAOの脆弱性をつかれたことが原因で起きてしまったのですが、一部のメディアではイーサリアムの脆弱性がつかれたと報道をされました。この点を絶対に誤解して欲しくないので、繰り返して言わせてください。あくまでも攻撃されたのは「The DAO」であり「イーサリアム」本体の脆弱性をつかれた事件ではありません。

The DAOでは非中央集権的な組織は存在することはできないとされましたが、これはThe DAOが失敗しただけであって、ブロックチェーンや仮想通貨、スマートコントラクトが失敗したわけではないということをこれからの未来を生きていく我々は認識しておくべきです。開発者の方でしたら、この事件を過去の話で終わらせるのではなく、非中央集権的な組織形成にチャレンジする価値は十分にあると思います。

The DAOが私たちに教えてくれたこと

The DAOの失敗は私たちにブロックチェーンやスマートコントラクトといった技術の台頭により新しい組織のあり方を提案してくれました。今回は開発技術面で一歩及ばず、一部のバグにより失敗という結果になってしまいましたが、非中央集権的な組織が誕生するのは時間の問題だということを多くの人が感じたことでしょう。

インターネットが生活のインフラと言えるレベルで普及している現在の世の中に、ビットコインをはじめとする多くの非中央集権的な通貨が誕生しました。そこで非中央集権の組織があったとしれも不思議ではありません。しかしそれは誰も経験したことのない世界です。その新しくなった世界が誕生した時に、自分自身がどのように対処していくかを事前によく考えておくことが今の私たちがやるべきことなのかもしれません。

ここまでThe DAO事件について説明するとともに私の考えも少し書かせていただきました。

仮想通貨市場は新興市場のため、投資先としての危険性を理解しておく必要があります。資産が一瞬ですべて消失する可能性すらあります。

でも私は仮想通貨投資を辞める気はありません。なぜなら想通貨が創造する未来を応援したいと本気で思っているからです。最初は定期預金より割が良さそうくらいの感覚ではじめた仮想通貨ですが、いつの間にか仮想通貨を応援したいという気持ちの方が増してきています。(もちろん億り人も目指してますよ。笑)

どちらにせよ、The DAO事件をネガティブに捉えるのではなく未来の可能性としてポジティブに捉えることが私は大切だと思います!みなさんも一緒に仮想通貨が作る未来を応援しましょう!

おすすめ仮想通貨取引所

仮想通貨投資をはじめるためには仮想通貨取引所にアカウントを作成する必要があります。取引所は国内から海外まで数多く存在しますが、その中でも私がおすすめする取引所をいくつかピックアップしました!

Coincheck(コインチェック)

ビットコイン取引高日本一の仮想通貨取引所 coincheck bitcoin

国内の取引所で最もビットコインの取引がされているのがこのCoincheck(コインチェック)です。海外のサイトに比べ、取り扱い銘柄数が少ないですが、すべてが厳選された銘柄となっております。海外のサイトを利用するとしても海外の取引所には日本円を直接入金することはできないので、日本円を元に仮想通貨をはじめる場合はCoincheckにアカウントを作ることは必須になります。私もCoincheck経由で海外のサイトを利用しているので、投資をはじめるならCoincheckの登録は今すぐに済ませてもいいと思います!

Binance

私が現在一押しの海外の仮想通貨取引所がこのBinance(バイナンス)です。中国のサイトなので少し不安に思われる方もいらっしゃるかと思いますが、先日24時間の取引高で世界一となりました。取り扱い銘柄数も非常に多く、草コインと呼ばれるコインも多々取り扱っています。さらにパソコンでページを開くと日本語対応もしているので、海外の取引所にも関わらず日本人に非常に優しいです。2018年に取引所に覇権をとるのはBinanceだと思っています!取引手数料がBNBというBinanceが発行しているトークンを利用することで半額になるのも非常に魅力的なポイントです。

Kucoin(クーコイン)

Kucoinも今私がおすすめしている仮想通貨取引所です。Kucoinは第二のBinanceと呼ばれています。まだ取引所が開設されてから4ヶ月程しか経過しておりませんが、取引高はグングン伸びていて、取り扱い銘柄の数もどんどん増えてきています。サイトもシンプルな作りで、日本語対応しているので海外のサイトとは思えない程使いやすいです。またKCSという独自トークンも発行しており、これがまた非常に面白いです。簡単に言うと、Kucoinの利用手数料の50%が KCS保有者に配当として配られるみたいです。詳しくは別の記事で解説しますので、そちらを参考にしていただければと思いますが他の取引所にはない全く新しい取り組みです!Kucoinは今後の成長によっては世界一の座を目指すことのできる取引所だと感じているので、ぜひチェックしておいてくださいね!

bitFlyer

bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で

bitFlyerは国内で最も有名な取引所の1つです。2017年に記録的な暴騰を記録したMONAコインを取り扱っている数少ない国内取引所でもあります。ちなみにcoincheckではMONAコインの取り扱いはありません。金融庁から仮想通貨取引所として認可も受けているので、安心度の高い取引所でもあります。取引所にアカウントを開設しておく価値は十分にあると思います。

 - 仮想通貨ニュース